Google

Yahoo! JAPAN



【育児総合リンク集】

母乳の出方には個人差がある。可能な限り母乳で乳児を育てるほうがよいが、必要以上に授乳の方法に関して心配はしないほうがよいとされる[2]。ユニセフは金のリボン運動と称して母乳育児を推奨している。出産後、母親から最初に分泌される初乳には、IgA抗体が多く含まれ、乳児を細菌などの感染から守る働きをしている。ただし、母乳は新生児の生命維持に必須のものではなく、母乳で育てられた乳幼児とミルクで育てられた乳幼児に統計上、健康面での差異はない。母乳が不足している場合は、ミルクを足す。現代のミルクは栄養面で母乳に近くなっているため、ミルクを足すことで乳児に対して後ろめたい気持ちを持つ必要は全くないとされる。

・クレジットカードを開設する前に賢くクレジットカード比較をしよう|
・株式投資をするなら日経225で割安に始めよう|
・エステに行くならプラソンがお勧め|

5ヶ月に入る頃から、離乳食を考える時期に入る。乳児は母乳やミルクを飲む際に上あごや舌を用いて母親の乳房や哺乳瓶の乳首をしごきながら飲むが、この頃からしごいてお乳を飲むことが自然にできなくなってくるためである。これは、固形物を食べられるようになるために、本能として具わっているしくみである。果汁やスープなどの液体で、母乳やミルク以外の味のするものからはじめて、粒のない流動食、少しずつ粒を大きくしていきながら、乳児の飲み込む力や噛む力を育てる。ただし、様子をみながら授乳と並行に行い、後半になるほど授乳量(回数)を減らしていく。3食とも離乳食となり栄養が充分に摂れていることが確認できると、断乳を検討しても良い時期となる。12ヶ月頃が目安ではあるが、個人差が大きく、早ければ良いというものではないとされる。以前は3ヶ月頃から離乳食を始める、卵も早くから与えていたが、最近では早くから離乳食を始めたり、卵を与えたりするとアレルギーが出やすいなどの報告があり、ゆっくりはじめる傾向にある。授乳期が終わる事を断乳というが、一般的には親の意思でやめる場合が多いので、子供が自分で飲まなくなり終了する事を卒乳と呼ぶ。

・出会い掲示板で家出少女 東京と恋愛|
・高収入バイトならチャットレディがお勧め|
・ネット投資始めるならCFDが手数料割安|

育児(いくじ、child care)とは、一般には乳幼児の世話、養育をすること。乳幼児とは小学校に入学する前段階の子供を指す。2歳近くなってくると、膀胱が大きくなり、尿を溜める働きがほぼ完成し、2時間ぐらいはオムツが濡れないことが多くなる。この時期において態度で教えられるようになっており、オマルやトイレの便座に座ることを嫌がらなければ、トイレット・トレーニングを始めるタイミングである。うまくできたら大いにほめ、失敗しても叱らないことが重要であるとされる

・FXシステムトレード比較・FX 自動売買 業者比較最新情報|
・AV男優仕込みの潮吹きテクニックを習得|
・神待ちの家出少女を掲示板で検索|
・借金返済はおまとめローンで一元化!|

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2009 【育児総合リンク集】 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4